" 車の査定を無料で比較するベストな方法

複数の買取店が無料で査定してくれ、競争してくれる

車 売る

愛車を少しでも高く売りたい場合、下取り査定や買取店1店だけの査定では確実に損をすることはもうご存知ですね。

・車の査定を無料でしてもらいたい

・査定額を何社かで比べて一番高い所に売りたい

このような場合にピッタリの無料サービスが一括査定です。

【無料】一括査定のメリット

チェック自宅にいたまま無料で車の詳細な査定をしてもらえる(無料訪問査定)
チェック複数の買取専門店が買取額を競うので愛車を高く売ることができる
チェック24時間いつでも1分~数分程度の簡単な入力で利用できる

このように便利でメリットの大きい一括査定は、今多くの人にどんどん利用されるようになってきています。

自分で買取専門店を何箇所も回って査定額を競争させる「買取専門店巡り」はもう流行りません。

たった一度の簡単な入力で無料査定のオファーが買取専門店の方から何社も入り、
自宅で訪問査定をしてくれます。

そのうえ、ライバル社との競争になるので初めから高額の買取額を提示してくれます。

これほど優れものの一括査定サービス、使わなかったら絶対に損をしてしまいます。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


一括査定のサービスは上の「かんたん車査定ガイド」をはじめたくさんあります。
利用者が多く特におススメのものを紹介します。
どれも成約手数料などの心配の無い完全無料ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

楽天 無料一括査定

★★★★☆

『楽天市場』が運営する中古車一括査定サービス

●最大9社の無料見積り比較。

●査定依頼者全員に楽天スーパーポイントを5ポイントプレゼント。

●成約(車を売却)すれば更に3,000ポイントプレゼント。



一括査定を利用した査定、売却の流れ

車の無料査定

■一括査定を申し込む

無料一括査定サイトの入力欄にメーカー名、車種名、年式、走行距離、個人情報を記入して申し込みます。

かんたん車査定ガイドなどのように入力が簡略化されているサイトなら本当に1分もかかりません。

長い場合でも3分もあれば入力を終えることができるでしょう。


■無料訪問査定の日程をセットする

一括査定の申し込みが終わると、早い者勝ちとばかりに早いところでは30分も経たないうちから「車を査定させてください」という電話連絡が競うように入ります。

最大10社とか最大8社とかと言っても実際に訪問査定のオファーがあるのは通常3~4社くらいのものです。

査定は1時間あまり、長くても2時間を見ればいいでしょうから、これらの買取専門店の訪問査定の時刻が化塗らないように日程を決めます。


■訪問査定の立会いを行う

買取専門店によって違いがあるでしょうが、訪問査定は1時間~2時間かかるのが通常です。

各買取店の提示額や重要ポイントがメモできるようにして立会いに臨めばいいでしょう。

禁煙車にしてきたことなど、アピールしたい点があれば立会いの際にアピイールします。

修理暦などの質問には正直に答えましょう。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら

一括査定を上手に利用しよう

■上手な訪問査定の受け方

<概算見積もりを比べてから査定をしてもらいたい場合>

時間があまりとれず、概算額の比較で買取店を絞ってから査定を受けたい場合があるかもしれません。

その際は、入力申込み時に『概算額を比べたいのでまずはメールで査定額をお願いします』と特記します。

それでも強引に電話が入ることもあるかもしれませんが、マナーの悪いそのような買取店は候補から外しましょう。

数社に絞れたら後は連絡をして各社が重ならないように訪問査定の日程を決めます。

<できるだけ多くの買取額を比べたい場合>

時間があるので、できるだけ多くの買取専門店に査定してもらいたいという場合もあるかも知れません。

その場合は、複数の一括査定サービスに申込みを行えばいいでしょう。

日程調整などが大変かもしれませんが、訪問査定を行う業者を確実に増やすことができます。


■査定日の即決は避けよう

買う気満々の業者などは「今日即決してくれればがんばって○万円上乗せする」などと迫って来るでしょうが、査定を受けた日に即決するのは避けましょう。

予想外の好条件が出たとしても、その金額を連絡すればもっと上乗せできる専門店もいるかも知れません。

全部の買取店の査定が終わる前に結論を出してしまうのはくれぐれも避けましょう。


※愛車が少しでも高く売れればというのでしたら中古車の相場が変動する時期についても知っておいた方がいいでしょう。

■査定のチェックポイント

国の指導で設立され、査定士の資格試験や登録などを行う(財)日本自動車査定協会は、自動車査定業者の基準となる中古自動車査定基準を定めています。

この査定基準によれば、中古車の査定では次のようなチェックが行われることになっています。

●書類の確認

車検証、整備手帳、取扱説明書、自動車リサイクル券、定期点検整備記録簿など

●車両の確認

車両の傾き、車高、ナンバープレート、改造の有無などの基本的な状態がチェックされた後、
次の各部分について、傷、凹み、曲がり、修理跡、サビ、腐食、亀裂、不要な穴、要交換部品、塗装の変色・退色、交換跡などがチェックされる。

・車内の状態・装備品
シート・内張・マットの状態、走行メーター、装備品の作動状態

・エンジンルーム
車体番号、冷却水・オイル、修復歴

・外観
<前面>フロントガラス、ナンバープレート、パネル、下回り、レンズの状態
<側面>パネル、ドアの部品の交換や修復歴、ネームプレート、タイヤサイズと残り溝
<後面>ナンバープレート封印、パネル、下回り、レンズの状態

・トランクルーム
修復歴、スペアタイヤ

・ルーフ

実際に査定を受けてみると査定マンは走行に影響する部分の修理歴や不具合については念入りに確かめます。(エンジンルーム、足回りなど)

次のオーナーとの間でトラブルにならないようにということでしょうが、修理歴がある場合は正直に話した方がいいでしょう。

隠そうとしてもプロですからすぐわかってしまいますし、かえって心証を害してしまうことになります。



軽自動車保険見積もり

このページの先頭へ